恒さんの釣れ釣れ日記


大澤恒幸のフィッシング・グルメ
by tsunesan1950
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
最新のコメント
少しくらい生き残ってもい..
by 琵琶湖ボーイ at 23:26
以前は大変お世話になりま..
by 古谷の息子 at 00:02
ご結婚40周年おめでとう..
by Tです at 21:46
ノーフィッシュですか....
by ふるや at 07:32
おはようございます。 ..
by ふるや at 07:18
おはようございます。 ..
by ふるや at 06:32
恒さん いつもブロ..
by 古谷息子 at 17:03
恒幸お兄ちゃん お久しぶ..
by 仲野真代 at 11:08
先日はありがとうございま..
by 古町増田 at 21:54
今日ブログ見てビックリし..
by zi-zi at 20:31
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

北海道釣行記3

釣船は霧の中を低速で走り、1時間ほどして釣り場に着いた。
霧のせいでまわりの釣船は5杯ほどしか視認できない。
f0175450_1334135.jpg

仕掛けは重り250号胴付き3本ハリ、ハリス18号、道糸PE8号と太仕掛。
変わっているのはハリ仕掛。
大きなムツハリの上に、タコベイトを付け、さらにその上に、円柱または四角柱型のきらきらしたフロートというものを取り付けた独特のもの。
これに3cm角に切ったサンマをちょん掛けで付ける。
片舷に8人の釣り人が並び、、船頭の合図で思い思いに仕掛を投入。
棚は基本的に底。水深は100m~70mくらい。
私は指定された舳で当たりを待つ。艫付近の釣り人に当たりが集中し、
なかなか舳まで魚が回ってこない。
15分ほどして初当たり。思い切りあわせると。ずしんと重い。
あわてて電動リールのスイッチを押す。おや軽くなった。ばれたようだ。
3連続ばらしで悩んでいたが、4発目でやっと1匹ゲット。
もう周りの人は2~4本あげていた。
終盤一人だけ入れ食いをし、やっと4本釣って吉崎君と同数となった。
まあ何の釣りでも初日はこんなもの、13:30分に寄港した。
[PR]

# by tsunesan1950 | 2008-09-13 13:29 | フィッシング | Comments(0)

北海道釣行記2

「円」で食事の締めはなんとウニざるそば。
ざるそばの付け汁の中にウニが入っており、おまけに生ウニの小さな木箱がざるそばの横についている。
ウニは新鮮で甘く、妙にそばつゆとマッチしている。
旅行中こんな美味しいものを発見するとほくそ笑んでしまう私です。
タコのあぶりは小さなコンロの上で生のミズタコのスライスを焼き、半生くらいで粒コショウを付けて食べます。おもしろい食感とタコの塩味がマッチして珍味。
ツブ貝の壺焼きはツブ貝から上品な出し汁が出て、サザエの磯臭い壺焼きよりも食べやすく美味。と満足の夕食となった。
雨が降っていたのでカメラをおいてきてしまい写真がないのが残念。
一人寂しくPM8:00に就寝。
9/8  AM3:00ホテル発。ウトロ港に向かう。
できたばかりのウトロ道の駅で吉崎夫妻・ガイドをしていただくイトウさんと合流。
ウトロ港は鮭フィーバー。釣り人でごった返している。こんな光景は久しぶりで見る。
20数年前のアユ釣り解禁日に似た熱気を感ずる。
釣り人をいっぱい乗せた釣船が次々と出船してゆく。空いた岸壁にはすぐ次の釣船が接岸する。北海道の釣り師は鮭のシーズンになると狂うんですよと吉崎氏。
夜明けと共に出船したが霧が深く視界が300mと悪い。
f0175450_944146.jpg

[PR]

# by tsunesan1950 | 2008-09-13 09:50 | フィッシング | Comments(0)

北海道釣行記・鮭釣ったぞー

f0175450_8424925.jpg

9/7~9/9、2泊3日で知床で鮭を釣ってきました。
強行日程で少しへばっております。温泉にでも入りもう2~3日ほどゆったりしたかったというのが本音です。
JFTメンバーの吉崎夫妻のコーデネートで快適に釣りができました。
又釣りガイドをしていただいた地元釣り師のイトウさんには大変お世話になりました。
9/7 清水発AM4:20、羽田発女満別行7:50発、9:30レンタカーで知床に向かいました。
霧がでており視界が良くありません。
道の真ん中に子犬の死骸が・・・とよく見るとキタキツネのようです。
初めて北海道にいるんだと実感しました。
オホーツクの海岸線に出ると、どこも釣り竿の連なり。
北海道の釣り師は1人で4本も5本も竿を並べ釣っています。知床斜里町で吉崎夫妻と落ち合い、足りない釣り具を購入して明日の打ち合わせをしてホテルにチェックイン。
斜里は知床が世界遺産になったためか、駅周辺は大きなホテルや道の駅、など再開発の真っ最中。道東の辺鄙な街のイメージはない。
北海道での楽しみはなんと言っても食。
ホテル向の再開発ビルに入っているモダンなそばや「円」で夕食をとる。
まずは北海道の地酒男山を冷やで。肴はミズタコのあぶりとツブ貝の壺焼き。
[PR]

# by tsunesan1950 | 2008-09-13 09:14 | フィッシング | Comments(0)

北海道遠征に行ってきます。

9/7から2泊3日で知床沖鮭釣りに挑戦します。
社員には北海道に鮭の仕入れに行くと云っております。
帰ったら釣行記をアップします。こうご期待。
写真は私の書斎の扉にかけてある。gone fishingのプレートです。
久々表になります。
f0175450_14564925.jpg

[PR]

# by tsunesan1950 | 2008-09-05 14:58 | フィッシング | Comments(0)

無情の悪天候!!

8/25 出船の予定でしたが、天気図を見ると日本周辺は低気圧がうじゃうじゃ。
残念ながら出漁を中止しました。
[PR]

# by tsunesan1950 | 2008-08-24 19:19 | フィッシング | Comments(0)