恒さんの釣れ釣れ日記


大澤恒幸のフィッシング・グルメ
by tsunesan1950
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
最新のコメント
少しくらい生き残ってもい..
by 琵琶湖ボーイ at 23:26
以前は大変お世話になりま..
by 古谷の息子 at 00:02
ご結婚40周年おめでとう..
by Tです at 21:46
ノーフィッシュですか....
by ふるや at 07:32
おはようございます。 ..
by ふるや at 07:18
おはようございます。 ..
by ふるや at 06:32
恒さん いつもブロ..
by 古谷息子 at 17:03
恒幸お兄ちゃん お久しぶ..
by 仲野真代 at 11:08
先日はありがとうございま..
by 古町増田 at 21:54
今日ブログ見てビックリし..
by zi-zi at 20:31
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:グルメ( 186 )


酒と蕎麦の日々50 駿河区八幡 一本氣蕎麦

Facebookをみていると、石垣さんの投稿に、知らない蕎麦店が載っていたのでさっそく家内と行ってみた。
f0175450_842530.jpg
f0175450_844065.jpg
f0175450_852488.jpg
f0175450_85393.jpg

駿河区八幡の狭い一方通行路もグーグル検索で迷わず行けた。まだ開店して5年ほどの瀟洒な店。
天ざる大盛りを注文。天ぷらには塩が添えてあった。天つゆはない。これが良い。
私は初めてゆく蕎麦店では必ず天ざるを注文する。蕎麦の味はもちろん重要だが、エビ天の揚げ具合で、職人の腕はたいがい判断できる。
蕎麦は北海道音威子府産とのこと。蕎麦・天ぷらとも美味い。又私のお気に入りの店が増えた。
一品メニューも力を入れているようなので、今度蕎麦を楽しむ会メンバーを連れて行こう。
[PR]

by tsunesan1950 | 2018-05-14 08:22 | グルメ | Comments(0)

豪華夕食!!

f0175450_7142881.jpg
f0175450_7144383.jpg
f0175450_715438.jpg

5月6日、釣り舟に乗ったお客様が釣った魚を食べたいとの予約だった。
大漁で材料には事欠かない。献立は、
1、もずくとナマコの酢の物
1、クログチのカルパッチョ
1、小アラの刺し身、薄造り
1、ウッカリカサゴ姿揚げ、甘酢あんかけ
1、桜エビのかき揚げ
1、御飯
1、赤だし味噌汁、浜名湖生のり入り
写真はカルパッチョ、薄造り、姿揚げ。
お客様は大満足。秋に又釣りがしたいとご予約いただいた。
[PR]

by tsunesan1950 | 2018-05-07 07:26 | グルメ | Comments(0)

孫達の晩餐 特別料理

f0175450_10252243.jpg
f0175450_10253666.jpg

昨日は孫2人お泊まりでした。
そこでジージが腕を振るい特別料理。
ウッカリカサゴの姿揚げとアカムツ(ノドグロ)の煮付け。
こんな高級料理が食べられるのもジージが釣ってきたからです。
残った料理は家族・従業員にお裾分け。
[PR]

by tsunesan1950 | 2018-04-30 10:33 | グルメ | Comments(0)

アニサキス!!

f0175450_17552418.jpg

4月2日、河岸の市に行くと、清水港水揚げのカツヲが大量に売られている。
7t水揚げされたとのこと、キロ単価1,000円はちょっと高めだが思い切って3本購入。
ホテルの日替わりメニュー本日は刺し身と桜エビのかき揚げちょうど良い。
五枚に下ろした身は焼き霜造りにして合わせ薬味とニンニクのスライスを添え提供。
中落ちとへそは専務があら煮にする。ここまでは誰でもやる。
私は塩辛を作る。胃袋と肝は掃除して塩漬けに、塩辛は塩加減で決まる。塩が回ったら水洗いした後、酒で洗い、刻んで瓶に詰める。冷蔵して毎日一回かき混ぜます。丁寧に作ったカツヲ塩辛は市販品と違い臭みも無く酒の肴にぴったり。
料理人・釣人の特権です。
作っている途中、塩漬け段階、ボウルの中で糸状の物がくねくねしている。
アニサキスだ。塩が回ってきて、苦し紛れに表面に出てきた。グルメの天敵アニサキス。
今では立派な食中毒原因生物。塩、酢では死なない。殺すにはマイナス15℃以下にして一日冷凍するしかない。
つまんでゴミ箱にぽい。塩辛作りでは、アニサキスが居ても、切り刻んで、熟成すればアニサキスは死んでいます。ご心配なく。
[PR]

by tsunesan1950 | 2018-04-04 18:24 | グルメ | Comments(0)

友、遠方より来たる!!2日続けて居酒屋恒さん開店!!

f0175450_18423241.jpg

f0175450_18292687.jpg
f0175450_18294341.jpg
f0175450_18301217.jpg

3月11日、高校時代からの親友府川光邦君と奥さんがやってきた。久しぶりに私と旧交を温めたい、とうれしいお言葉、腕によりをかけ歓待した。
メニューは燻製盛り合わせ、もずくナマコ、タチ麹漬け焼き、ヒラメのしゃぶしゃぶ、刺身はオオヤリイカのダブル卵かけ。揚げ物は桜エビかき揚げ。仕上げはわさび飯。
府川君差し入れの響の水割りが、私だけどんどん進む。したたかに酔いました。
又来年も旧交を温めに来てください。
[PR]

by tsunesan1950 | 2018-03-12 18:43 | グルメ | Comments(0)

久々、居酒屋恒さん開店!!

f0175450_7395039.jpg
f0175450_740824.jpg
f0175450_7402499.jpg

3月10日、チームフロンティアの会合でした。メンバーは秋山さん、鈴木さん、松井さん、私。
会場はベイホテル1階ダイニング、その後は飲みに行くのですが、先日松井さんが私にと、磐田の親戚から預かった美味そうなシシ肉を届けてくれました。
そこで味噌仕立てで猪鍋、先日釣った興津ダイの一夜干し、ナマコの酢の物、のんびる漬けと私の食べたいものを作って宴会。17時より始まって19時には酔いつぶれていました。
今晩は親友府川君が久しぶりに来清。そこで今晩も居酒屋恒さん開店します。
今晩も酔いつぶれそう。
[PR]

by tsunesan1950 | 2018-03-11 07:59 | グルメ | Comments(0)

アカムツ・アラを中華料理に。 高級中華料理店盛旺にて。

f0175450_1861956.jpg
f0175450_1864656.jpg
f0175450_1872818.jpg
f0175450_1881688.jpg
f0175450_1883915.jpg

1月30日は同じ袖師町内にある高級中華料理店「盛旺」にて新年会。メンバーは溝口さん、藤堂さん、私、古谷くん。
このお店は清水区で一番の中華料理店。オーナーの望月さんとは長いつきあいです。
コース料理をお願いしましたが、そのほかに、私が釣ったアラとアカムツを持ち込み中華料理の味付けで食べたかったのです。
アカムツは唐揚げに、アラは蒸し物に、美味かったー。紹興酒のボトル3本明けてしまいました。
コース料理も大変美味しゅうございました。
[PR]

by tsunesan1950 | 2018-02-01 18:21 | グルメ | Comments(0)

チカメキントキ 唐揚げ美味 2

f0175450_7495354.jpg

f0175450_83239.jpg

5、魚の唐揚げのこつは、2度揚げなどとよく言いますが、そんな必要は無いのです。
  最初は表面が焦げないように180度以下でじっくり揚げ、魚から出る気泡が、
  だんだん大きくなり、小さな気泡が出なくなり2~3cmの気泡がプクリ、プクリ
  でるようになるまでじっくり上げます。
  その時には油温は185℃~190℃になっています。
6、魚を揚げ始めたら、白髪ネギを作り、甘酢あんを造ります。
  甘酢あんの割は砂糖1:酢1:水1今回は300ccずつ。沸騰したら水溶き片栗粉を入れ
  とろみを出します。
7、魚が揚がったら一度揚げアミに取り、余分な油を落としてから盛り付け。
f0175450_832567.jpg
f0175450_84593.jpg

私はこのレシピで、50cmオーバーの年無しチヌから、小さなアジ・カサゴまで唐揚げにしますが、外れたことはありません。
皆さん一度トライしてください。
[PR]

by tsunesan1950 | 2018-01-16 08:11 | グルメ | Comments(0)

チカメキントキ、唐揚美味!! 1

f0175450_6575512.jpg

チカメキントキは高級魚。私も沖釣りを始めてから2匹目。
愛子さんのリクエストで唐揚げあんかけにした。
私の唐揚げあんかけは亡き佐古田修一師直伝。魚の唐揚げは色々料理法があるが、このレシピが一番。佐古田師は台北の高級ホテルの調理長に学んだそうだ。手順を写真に。
f0175450_765285.jpg
f0175450_771858.jpg
f0175450_78292.jpg
f0175450_7252855.jpg

1、チカメキントキは鱗を取り、内臓・エラを掃除し水洗いして水気をぬぐっておく。
2、食べやすい様に切れ込みを入れ、醤油、酒同割りの漬け汁に漬ける。
  漬け込む時間は魚の大小で違う。漬け込んでおくと魚の目玉に白い濁りが出たら漬け込み終了。
3、小麦、カタクリ同割りの粉をまぶす、切れ込みや腹の中、口の中もしっかり粉をまぶし余分な粉  をはたき落とし油鍋に投入。油温は160℃~170℃、最初から180℃以上にすると表面が  焦げる。徐々に温度を上げてゆく。

        2に続く。
[PR]

by tsunesan1950 | 2018-01-16 07:40 | グルメ | Comments(0)

酒と蕎麦の日々49 箱根湯本茶屋 じねん蕎麦 つくも

f0175450_85453.jpg
f0175450_86478.jpg

1月8日、本日は悪天候が予想され、釣りに行けないので、お気に入りの日帰り温泉、箱根強羅 五彩館に行こうと9時30分出発、道順をタブレットで検索すると閉館と出ていた。
まあ箱根なら日帰り温泉はいくらでもあると検索ヒットしたのが、箱根湯本茶屋「天山湯治郷」思ったより設備は整っている、内湯が1階露天風呂が地階。脱衣所も別。露天風呂は湯船が六つほどに分かれ熱い湯から水風呂サウナまであった。しかも天然掛け流し。残念だったのは硫黄泉ではないことと、休憩室が狭いことくらい。その天山湯治郷の隣駐車場前に手打ち蕎麦の幟が1本。
瀟洒な入り口にじねん蕎麦 「つくも」のあんどん看板。私は胡桃だれセイロと牡蛎汁セイロを注文。蕎麦の量が一人前100gなのでぺろり平らげました。
セイロ蕎麦は10割の手打ちのようです。箱根は美味い蕎麦屋が沢山あり、日帰り温泉に行ったときは蕎麦を食べ帰ってくるのがパターン。これからちょくちょく寄ろう。
15時までに帰ってこいと専務に言われていたので眠い目をこすりながら一時間半で帰社。
f0175450_8451916.jpg


f0175450_8454356.jpg
f0175450_84679.jpg

[PR]

by tsunesan1950 | 2018-01-09 08:51 | グルメ | Comments(0)