恒さんの釣れ釣れ日記


大澤恒幸のフィッシング・グルメ
by tsunesan1950
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
最新のコメント
少しくらい生き残ってもい..
by 琵琶湖ボーイ at 23:26
以前は大変お世話になりま..
by 古谷の息子 at 00:02
ご結婚40周年おめでとう..
by Tです at 21:46
ノーフィッシュですか....
by ふるや at 07:32
おはようございます。 ..
by ふるや at 07:18
おはようございます。 ..
by ふるや at 06:32
恒さん いつもブロ..
by 古谷息子 at 17:03
恒幸お兄ちゃん お久しぶ..
by 仲野真代 at 11:08
先日はありがとうございま..
by 古町増田 at 21:54
今日ブログ見てビックリし..
by zi-zi at 20:31
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


恒さんのキッチンスタジオ(釣魚編)2

ゴマサバはマサバに比べると評価が低い。 〆鯖にしてもマサバは酢がしみてくるとどんどん締まるがゴマサバは締まりが悪いと言われている。
しかし釣りたてのゴマサバを浅く〆鯖にし、刺身で食べるとかなり行ける。
私の大好物、これをサバ棒寿司にすると社員家族大喜び。
宴会などの特別料理として提供することもある。
5/28、タチ釣り外道でただ1匹釣れたサバで棒寿司を作った。
f0175450_8151710.jpg

作り方は簡単。サバは三枚下ろしにし、腹骨を掻き取り、サバの身が隠れるくらいに塩をする。
感覚としてサバが塩に埋まったように見えるほど。30分から3時間ほど経ったら、水洗いして塩に漬けたのと同時間酢に漬ける。このとき昆布をかぶせるとサバの味が良くなる。
酢から揚げたサバは薄皮を剥ぎ、身を観音開きにする。中骨は酢で柔らかくなっているので抜かなくても良い。切り口を漬け酢で洗う。
寿司飯にお好みの薬味(生姜千切り、大葉千切り、いりごまなど)を混ぜ、オニ巻きすにラップを敷き、
皮を下にし、観音開きした身の上に寿司飯茶碗2杯分(分量はお好みで)ラップを巻き込んでから、巻きすで巻き〆、両サイドのラップをねじって絞り 巻きすの中に入れ、もう一度巻きすで形を整え、カットしてできあがり。盛りつけます。
形が少しくらいおかしくても味は変わりません。チャレンジしてください。
[PR]

by tsunesan1950 | 2015-05-30 08:35 | グルメ | Comments(0)

恒さんのキッチンスタジオ(釣魚編)1

ブログに新しいコーナーを作ります。
近年釣り番組がすごく増えています。番組の内容は釣れた釣れたの素人向け、余り釣り技術向上に役立たないような番組が多い。しかし若い女性を起用し、底辺拡大をもくろんでいるのは歓迎できる。
そして釣り番組ではお約束、釣った魚をお店に持ち込みMCが美味しそうに食べる。
15年前、私が釣りビジョンでMCをしていた頃は、制作者はあまり魚を料理し紹介するのを歓迎しなかった。
まあ私が10年先を走っていたのかもしれない。それとも乏しい釣り内容の足りない尺を埋めるためか???
そこでいつもホテルで作っている釣魚料理、宿泊客に提供した物、従業員のまかない、愛妻へのお詫びの料理、釣り番組で使った料理などをシリーズで紹介していく。
f0175450_99659.jpg

昨日はシイラが入れ食い。シイラは日本では価値の低い魚、ハワイに行けばマヒマヒと言われ高級食材。
癖のない身は、刺身、カルパッチョ、フライ、ムニエル何でも使える。
いつも店で提供するときはもっとシンプルな盛りつけだが、ちょっとカラフルに盛りつけてみた。
作り方は簡単。適当に生野菜を敷き、薄造りにした身に軽く塩を振る。カラフルに盛りつける。
お好みのドレッシングや、オリーブオイルなどを掛け食す。
ベイホテル入船館では醤油ドレッシングを掛け提供している。
魚のカルパッチョは日本人が開発したフランス料理。40年ほど前、志摩観光ホテル当時のシェフ高橋さんが考案し普及したと認識している。
[PR]

by tsunesan1950 | 2015-05-29 09:24 | グルメ | Comments(0)

沖にはシイラがうじゃうじゃ!!

f0175450_810584.jpg

全国内水面委員会連合会、日釣振県支部総会やら、県旅館組合総会、しずおか体験旅行総会と
出席しなければならない総会が多くなかなか出漁出来ませんでした。
日釣振県支部総会後の懇親会では天竜玉三郎事、安部・藁科川漁協組合長伊久美氏と昔話を交え楽しい一時を過ごせた。伊久美氏は最近鮎釣りのシーズンオフ チヌ釣りにこっているので、一度清水港のダンゴ釣りにご招待すると約束。楽しみだ。
さて、5/28、3時15分出船。メンバーはおなじみ古谷君。
古谷君が前日仕入れた情報では秋葉もたれでタチが釣れたと最新情報。
途中タチらしき好反応が3ヶ所ほどあったがスルーして目的ポイントでアンカーリング。
ところがアンカーリングすると反応が消えてしまい。村岡餌巻きスッテで夜明けまでに釣れたのは40cmのゴマサバと1kgほどのヒラメうれしい外道だがタチは掠りもしなかった。
夜が明けたのでアカムツ釣りに行こうと西に向かったが、2・5mの波。アカムツ釣りは断念。
トリヤマはないがシイラは跳ねる。
魚探の反応が真っ赤なところでジギング。70cm前後のシイラ、ヒットの連続。
古谷君6本、私は9本キャッチ。シイラの強引きを堪能。これ以上釣ると処理が大変なので10時前には港内で白キス釣り。まだ海底の水温が低いのか食い込みが悪いが、ポイントに入ればダブルもある。
しかしキスの居るポイントは狭い。キス最盛期はまだ先のようだ。
[PR]

by tsunesan1950 | 2015-05-29 08:40 | フィッシング | Comments(0)

ノートパソコン故障!!

ノートパソコンが故障しました。 メーカー修理に出しましたので復旧に2週間ほどかかります。
ブログの更新は会社のデスクトップで出来ますが、個人メールの送受信が出来ません。
ご用の方は携帯、又は会社へお電話ください。
[PR]

by tsunesan1950 | 2015-05-24 16:48 | 雑感 | Comments(0)

全国内水面漁場管理委員会連合会総会

全国内水面漁場管理委員会連合会総会に鈴木会長に代わり出席してまいりました。
写真は挨拶する辻駒連合会会長。
f0175450_1042366.jpg

総会は段取り通り無事議事が終了したが、その後のその他のところで鵜に関して発言があった。
「全国にカワウの被害が広がったのは、琵琶湖にあったコロニーを潰したからではないか。
今の駆除のやり方は間違っている。
駆除しようとすると、さらに鵜が全国に拡散する。
それよりも鵜の出没するところにテグスを張った方がいいのでは。」
卓見だと思う。
駆除も必要だろうが、テグスヲ張って稚アユを保護するのも必要では。
費用とやる気の問題では。
[PR]

by tsunesan1950 | 2015-05-24 10:53 | フィッシング | Comments(0)

さみしい興津川アユ解禁!!

f0175450_192848.jpg
f0175450_1923266.jpg

5/20は興津川のアユ解禁!!
20年前なら徹夜で場所取りして、まだ暗いうちから竿を出したものです。
しかしここ数年は興津川解禁に竿を出すことはなくなりました。
もちろん他の川もです。もう人を押しのけて縄張りアユを追っかける情熱はありません。
マイボートで釣りに行くようになってから競技の釣りも大局的に見れるようになってきました。
でもアユ釣りの友人たちとの交友や立場上丸っきりアユ釣りを止めたわけではありません。
のこのこ昼頃になって川の様子を見に行ってきました。
但沼ではまだユンボが動いており、そこから下流は濁りが出ておりほとんど釣り人は居ません。
そこから上流も前日の雨で増水しやや笹濁り。
型は予想通り小さい、最大17cm小はタバコサイズ。
数は50~20と言ったところ、4月の低水温でまだアユが育っていない。
関係者は天然遡上は多い様なので7月頃から面白い釣りになるだろうと予測。
しかし昨年の台風被害であちこちで工事しており、川には砂が多量に出て、石が隠れてしまった。
これでアユは育つのだろうか?
人出は今までで最低2000人ほどとのこと。
[PR]

by tsunesan1950 | 2015-05-20 19:23 | フィッシング | Comments(0)

清水港 日の出埠頭解放釣りフェスタ!!

f0175450_5292192.jpg

今年度の日の出埠頭釣りフェスタ第1回の開催が正式に決定しました。
6月7日(日) 8:00~15:00
みなさんぜひおいでください。
ライフジャケットは必ず着用です。本部にレンタルもあります。
レンタルタックルも用意してあります。
そして初心者にはベテランインストラクターが親切に指導します。
f0175450_5293716.jpg

写真は昨年度釣りフェスタの模様です。
[PR]

by tsunesan1950 | 2015-05-20 05:30 | フィッシング | Comments(0)

ナブラ打ち、シイラの強い引きを楽しむ。

台風6号が近づいています。まだ5月の半ばなのに。
5月11日、3時15分出船。メンバーは伏見君。
もううねりが出ています。ワイタ(東風)が吹き、港内でもよく揺れます。
流し釣りをあきらめ、アンカーを打ちタチ狙いですが、当りもありません。
明るくなってきました。風が強いので富士山がくっきり。
f0175450_9353652.jpg

フクズミフ号にzi-zi-が乗っています、昨日ナブラ打ちでワラサを釣ったので味をしめたか。
f0175450_9383910.jpg

あまり釣れた様子がありません。荒れた海にうんざりして帰ろうとしていた時。
港口沖にナブラが、しぶきを上げながらナブラを追う。
フクズミ号も気づいたよう。
ヒットー、タチ用のリーダー3号の竿で慎重にやり取りしたのは、今シーズン初のシイラ。
その後リーダー12号の竿に変え楽しんだ。やはりシイラはよく引く。
伏見君4本、私は伏見君より大型を3本。釣ったシイラは入船館夕食用の材料となります。
f0175450_9454390.jpg

アー、楽しかった。
[PR]

by tsunesan1950 | 2015-05-11 09:46 | フィッシング | Comments(0)

キス釣り不調!!

5/6、やっとゴールデンウイークの繁忙期も終わり7時45分出船。
メンバーは古谷君。ベタなぎの富士川沖に到着するもキス釣り船の影もない。
タチ釣船が3杯、キスポイントにも1杯船がいるが、他魚を狙っているようだ。
潮流れずパラシュート効かず、船が思うように流れない。
古谷君第1投でカタクチイワシを釣る。仕掛けが海底まで付かないうちに食いつく。
と第2投目で大型魚がかかった。やり取りの末、上がってきたのは40cmのひらめ。
私は古谷君の釣ったイワシで泳がせ釣りをしようと準備しているうちに、第3投目で今度は良型のショウサイフグ。しかしその後、イワシを探しうろうろしたがあたりなし。
私は貴重ないわしを取られて終わり。小さなイカのような当たりで喰い込まなかった。
大量のイソメが残った。 
富士川沖、蒲原沖のキスはいつ始まるのだろうか?
昨年も不調だったが、今年も釣れないのだろうか?
ヒラメはお造りにして、家族従業員でおいしくいただきました。
コアラほどの旨みはないが、美味しくいただきました。
[PR]

by tsunesan1950 | 2015-05-07 05:57 | フィッシング | Comments(0)

アカムツに裏切られた日。

f0175450_5434945.jpg

5/1、5時15分出船。メンバーは古谷君。
このところ清水港周辺ではあまり良い釣果が伝わってきません。
シロギスはまだ始まりません。タチはほとんどいません。
マダイは宝くじ並み。沖の鳥山は正体不明。カモメはうろうろしていますが、下からの圧力が弱くナブラが中途半端。ムギイカは昨年の半分も釣れません。
アカムツは場荒れ気味、アカムツポイント土曜日曜はどこも釣り船が…。
しかしアカムツしか狙うものがありません。
本日は連休の谷間で釣り船も少なく、凪もよかったのですが。
三枚潮、油断すると底とりも苦労します。
恒さんアカムツポイントで古谷君アカムツゲット。
コアラポイントで古谷君コアラ、鬼カサゴと連釣。
f0175450_557823.jpg

私はカサゴ、沖メバル、デンデン、チゴタラと外道ばかり、アカムツはいずこ。
アカムツに裏切られました。
コアラは刺身と鍋でいただきましや。社員家族大喜び。
[PR]

by tsunesan1950 | 2015-05-02 06:00 | フィッシング | Comments(0)