恒さんの釣れ釣れ日記


大澤恒幸のフィッシング・グルメ
by tsunesan1950
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
最新のコメント
少しくらい生き残ってもい..
by 琵琶湖ボーイ at 23:26
以前は大変お世話になりま..
by 古谷の息子 at 00:02
ご結婚40周年おめでとう..
by Tです at 21:46
ノーフィッシュですか....
by ふるや at 07:32
おはようございます。 ..
by ふるや at 07:18
おはようございます。 ..
by ふるや at 06:32
恒さん いつもブロ..
by 古谷息子 at 17:03
恒幸お兄ちゃん お久しぶ..
by 仲野真代 at 11:08
先日はありがとうございま..
by 古町増田 at 21:54
今日ブログ見てビックリし..
by zi-zi at 20:31
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧


JFTチヌトーナメント結果!! 兼松信行選手優勝

第25回JFTチヌトーナメントは10月25~27日鳥羽市海香のいかだで開催された。
f0175450_616309.jpg

上記の写真のように、兼松選手(以下敬称を略す)が安定した実力を発揮し他を寄せ付けず危なげなく優勝した。
兼松がはらはらしたのは前年トーナメントチャンピオン道明と対戦した準々決勝戦。
私はこの試合が事実上の決勝戦と見ていたのだが、予想道理終盤まで3対3のデッドヒート。
しかし最後に兼松が1匹釣り上げ、この時点で兼松の優勝はほぼ確定したといえよう。
準決勝戦対藤尾戦は6対2、決勝戦対菊谷戦は8対3と圧倒的強さを見せた。
残念だったのは、清水出身鈴木孝久3回戦対西山戦。0対0引き分け。じゃんけんに負けベスト8進出ならず。また念願の王座切符を逃した。
今回は九州勢の進出が目立った。田代俊樹は初出場でベスト8、村上善人も健闘し来年の出場権を獲得した。
f0175450_6382587.jpg
f0175450_6385438.jpg
f0175450_6391270.jpg

[PR]

by tsunesan1950 | 2014-10-28 06:39 | フィッシング | Comments(0)

琵琶湖の真実!! 電気ショッカー船でバス退治!!

f0175450_5524792.jpg
f0175450_55378.jpg

全国内水面漁場管理委員会連合会中部ブロック協議会会場ピアザホテルは琵琶湖畔にある。
会議が始まる前、湖を眺めていると、見慣れない小舟が会場前をデモンストレーション。
滋賀県が誇る、ブラックバス駆除船、電気ショッカー船。
船の先に2本つけた電極に電気を流し、感電し浮上した魚を回収(漁獲?)する。
もちろん違法漁法だが外来害魚駆除の名目で特別許可を出してて、漁協に運営委託しているようだ。
1日に100kg以上捕れると、滋賀県職員が自慢していた。
このショッカー船の効果で、琵琶湖南部ではブラックバスの魚影が激減したようだ。
ブラックバスについてのコメントは立場上差し控える。
全国でこのシステムが導入されたらきっとブラックバスは激減するだろう。
しかし琵琶化や霞ケ浦などの広大な水域ではきっとしぶとく生き残るのでは・・・・?
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-10-24 06:15 | フィッシング | Comments(1)

大津の蕎麦Ⅱ

内水面連合会中部ブロックの会議も無事終え、帰路につく、
街中でこじゃれた居酒屋を発見。旬遊あゆら。
入るとひげ面スキンヘッドだが物腰柔らかな店長らしき男が迎えてくれた。
まずは鮒ずしほか数点のつまみと地酒を注文。
f0175450_8562750.jpg

地酒は可もなし不可もなし。鮒ずしは写真を撮るのを忘れた。
残念だったのは、フナの腹に子が入っていなかった。卵の入っていない鮒ずしなので味の評価はおいておく。スタッフが着る半纏の背に5店舗ほどの店の名前が、筆頭に開運そばと書いてある。
そこでスキンヘッドに昼の顛末を話すと、うちも系列店なのでそばを出すとのこと。
f0175450_93723.jpg

出てきたそばは一口づつ整然と並んでいた、板長の心意気がうれしい。
みずみずしいのど越し、風味良し、うまい!!!!!
これで大津の蕎麦のイメージが逆転した。大津に来てよかった。
また大津を訪れることがあったら今度は本店の開運そばを食べに行こう。
そして卵の入った鮒ずしが食べたい。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-10-23 09:13 | グルメ | Comments(0)

酒とそばの日々番外編 大津の蕎麦

大津で食べたかったものがフナ寿司。
ところが、観光案内所で聞くと昼からフナ寿司を提供するところはないとのこと。
フナ寿司は酒の肴ということで、帰りがけ居酒屋で食することに。
そうなれば昼飯は蕎麦、三井寺近くに開運そばという有名店があるようだ。
ところが運悪く定休日。仕方なく仁王門前の某食堂へ、三井寺近くにはここしかソバ屋はない。
f0175450_8423673.jpg

入り口前には精進料理・三井寺そばののぼりが・・・・。店に入ると雰囲気がおかしい。
私が入ったのは裏口で、正面は土産物店兼ドライブイン。
バスガイドと運転手がぽつんと食事していた。食券を買ってくれと言われ観念した。
出てきたそばは細打ちのうどんほどの太さ、そばの風味・腰などまるでない。
薬味のねぎは干からび、蕎麦湯もついている。そば汁は既製品だろう。
生まれて初めてあんなにまずいそばを食べた。
そば好きの私がそばを残した。もう書くまい、世の中にはこんな不幸もある。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-10-23 08:46 | グルメ | Comments(0)

内水面漁場管理委員会中日本ブロック大会で琵琶湖大津へ

10/21、静岡県の代表として上記の会議に出席。
f0175450_6244430.jpg

ちょっと早めに大津に着いてしまったので、大津の街を散策。
まずは大津の商店街をぶらぶらし三井寺へ、大津は滋賀県の県庁所在地であると同時に東海道の宿場町、風情のある商店や曳山の展示など観光客を意識した街づくり。ちょっと早い秋を堪能。
f0175450_6327100.jpg

f0175450_6334770.jpg
f0175450_635347.jpg
[#IMAGE|f0175450_63543100.jpg|201410/23/50/|mid|640|480#]
f0175450_6464230.jpg

ビックリしたのは小さな魚屋で見たグジ(アマダイ)の値段。
400g弱、300cmほどで4,450円。大津は山国だった。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-10-23 06:38 | | Comments(0)

石花海ヤリイカまずまずの釣果!!

f0175450_4181440.jpg
f0175450_4184777.jpg

ヤリイカが釣りたくてタイミングをうかがっておりました。
今週は10月20日しか行けそうもない、なぎも良さそう、
5時30分出船。メンバーは古谷君。海はべたなぎ。
南高沖釣り船が4杯。F号もいる。きっとzi-ziも乗船しているだろう。
先を急ぐので挨拶せずスルー。
なぎで追い風の駿河湾を一路石花海合の瀬へ向かう。
エンジン絶好調、改造後初めて瞬間スピード21ノット出た。
75分でポイント到着。7時前に着いてしまった。遊漁船と職漁船が別グループに分かれて固まっている。今日はイカ狙いの大型遊漁船がほとんどそろっていた。
石花海まで来るとさすがに海は荒れていた、まだ慣れない釣楽プロの操作に手間取り、1杯も釣らないうちに仕掛けをもつらせ取り替える始末。
しかし乗りは活発で1杯ずつながら確実にツノに乗ってくる。相変わらずばれ多くイライラする。
潮止まり前後1時間半ほど乗り渋ったが、ハイライトは終了30分前から乗り活発になり。
本日最高4連、しかも最大長も。あと1時間ほしかった。
結局古谷君31杯。私37杯とまずまずの釣果!!
帰りもべたなぎ、遊んでくれるシイラも居なかった。
追い風弱く19ノットしか出なかった。2時30分に寄港。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-10-21 04:48 | フィッシング | Comments(0)

11月9日(日)、日の出埠頭解放釣りフェスタ開催決定

日の出埠頭解放釣りフェスタが11月9日に開催されることになりました。
本年度開催予定が悪天候・台風襲来でもう3度中止になったための代替開催です。
秋の釣りシーズン皆さん誘い合わせておいでください。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-10-19 06:18 | フィッシング | Comments(0)

チゴタラ、チゴタラ…ちょっとアカムツ!!伏見君一人高笑い。

f0175450_673350.jpg

10月17日、3時20分出船。 台風19号の影響で久々の出漁。メンバーはいつもの3人組。
朝タチをやってから、石花海でヤリイカの予定でしたが、
南高沖はうねりと早潮で伏見君と古谷君1本ずつ。
あきらめ石花海に向かいましたが、うねり大きく断念。港内でタチ狙いに変更、
ベイトの反応はあるがノーバイト、ロランス魚探にタチらしき反応あるもちょうど潮止まり。
駿河湾奥はうねりも低いのではと東に向かう。
薩埵沖を通ると18号台風被害のがけ崩れが見えた、こんな小さながけ崩れで大混乱。
やはり大自然の力はすごい。
さらに東進し、水深200m~250mを探ってゆく。
伏見君ファーストヒット、800g級の良型ゲット。
本日伏見君大当たり、自己最高5匹ゲットし高笑い。
f0175450_6222212.jpg
f0175450_6223778.jpg

私と古谷君は1匹ずつ、あとはチゴタラのオンパレード。大中小と5本針に3匹もついてくる。
何が違ったのか。私と古谷君エサはサバのみ、伏見君生イカとサンマ。
いつも置き竿で居眠りしている伏見君、アカムツ釣りに開眼したか、よく誘ってアカムツをかけていた。アカムツ釣りは免許皆伝。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-10-18 06:28 | フィッシング | Comments(0)

18号台風最大の被害箇所!!

10月17日、久々出漁、薩埵沖を通ると、がけ崩れが見えた。
f0175450_5515921.jpg
f0175450_5521261.jpg

ちょうど薩埵峠道の直下が崩れています。
テトラと堤防で見えませんが、下を国道1号線とJR東海道本線が通っています。
東京と名古屋を結ぶ大動脈の最弱点部分です。
こんな小さながけ崩れで、JRは10日以上止まり、国道1号は大渋滞。
JRは一昨日やっと全面復旧したようです。
応急対策ではなく、恒久的な対策をしなければまた被害が出ます。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-10-18 06:02 | 雑感 | Comments(0)

台風19号被害なし。

台風もこう続けてくるとうんざりします。
18号台風で、久々被災した静岡市。
19号はもっと大型ということで、台風対策は万全。
静岡市もいち早く避難勧告を出しましたが、被害なく空振り、よかったよかった!!
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-10-14 09:31 | 雑感 | Comments(0)