恒さんの釣れ釣れ日記


大澤恒幸のフィッシング・グルメ
by tsunesan1950
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
最新のコメント
少しくらい生き残ってもい..
by 琵琶湖ボーイ at 23:26
以前は大変お世話になりま..
by 古谷の息子 at 00:02
ご結婚40周年おめでとう..
by Tです at 21:46
ノーフィッシュですか....
by ふるや at 07:32
おはようございます。 ..
by ふるや at 07:18
おはようございます。 ..
by ふるや at 06:32
恒さん いつもブロ..
by 古谷息子 at 17:03
恒幸お兄ちゃん お久しぶ..
by 仲野真代 at 11:08
先日はありがとうございま..
by 古町増田 at 21:54
今日ブログ見てビックリし..
by zi-zi at 20:31
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


沼津沖ムギイカ連続束釣りならず!!

f0175450_14231514.jpg

命短し、恋せよ乙女!という歌の文句がありますが、
釣期短し、釣りせよムギイカ!!とばかり、雑事多用の中、また出船しました!!
古谷君今回もお留守番、泣いております。メンバーは伏見君と、神谷さん。
私は手釣りのチャンスをうかがいながらいつもの二刀流。
伏見君前回の失敗に懲り、長竿から短竿にチェンジ。まともなイカ釣りシャクリをし釣果を伸ばす。
神谷さんなれないイカ釣りに苦戦。
本日は釣り船がまた増えております、でも広い沼津沖ほどよく散らばっています。
20時30分ころよりポツリポツリ乗り出し前回を上回るペースかと思いましたが、
50杯ほど釣ったところで古谷君から電話!!
今、当りがあって忙しいと切った辺りから当りが遠のき、12時にはまるきり当たらなくなる。
古谷君の呪いか?(小川さん談!!)3時終了直前また当たりだしたがもう撤収作業中だったためストップ。
77杯と目標の1/3、やや不満の残る釣果となった。伏見君は35杯、目標私の半分届かず。
沼津沖のどこかのポイントではきっと200~300杯釣れているだろう。
地元の船にはかなわない。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-05-29 14:54 | フィッシング | Comments(0)

多家静岡県議会議長表敬訪問

f0175450_5494631.jpg

f0175450_5501784.jpg

(公財)日本釣振興会静岡県支部正副支部長がこのたび静岡県議会議長に就任した多家一彦日釣振顧問議員を表敬訪問。
日釣振の顧問議員になると県議会議長に出世するというジンクスが生まれつつある。
県支部に顧問議員制度ができてまだ10年たっていないが、天野一さんからすでに3人目。
多家議長のますますの活躍を期待しております。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-05-27 06:01 | フィッシング | Comments(0)

やったー!!ムギイカ束釣り

f0175450_158412.jpg

5月は総会シーズン!!
今週はしずおか体験旅行総会、(公財)日本釣振興会静岡県支部総会と重要な総会が続きます。
私も副会長・副支部長などと肩書きをいただいていますとサボるわけにゆきません。
二つの総会をこなし、やっと出漁できました。
5月23日、18時15分出船。メンバーは伏見君。
愛鷹丸はフルスロットルで沼津沖へ、ポイントにはすでに15杯ほどのイカ釣り船が煌々と集魚灯を灯している。
船団からちょっと離れたところにアンカーリング。
19時30分釣り開始、いつものように電動ずる巻き二刀流。すぐにぽつぽつ乗り出すがやや小ぶり。
20杯ほど釣ったところで場所移動、仕掛けもウキスッテからヤリイカ用のプラ角に変更。
これが大成功。2本の竿に交互に当りがあり、午前3時までに138杯と久々の束釣り。
前回大健闘の伏見君、12杯と惨敗。いつも同じ釣り方が良いとは限らない。
墨で汚れた愛鷹丸をブラシングし、帰宅し風呂場で鏡を見ると、いたずら小僧がお習字をした後の
ような惨状、慌てて顔もブラシング。
ムギイカ今シーズン初、満足のいく釣りとなった。
もっと早く場所取りして好ポイントには入れれば二足も夢ではない。
今シーズン、ムギイカの魚影が濃い、しばらく楽しめそうだ。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-05-24 15:35 | フィッシング | Comments(0)

興津川アユ解禁結果!!

やはり興津川、中上流部は最悪だったようですね。
みな小さいと嘆いていたようです。
そんな中私の予言通り、興津生コン前は型数とも絶好調だったようです。
そして最上流部と、支流中河内川で数が出たようです。
見落としましたごめんなさい。
昨夜大雨が降り、増水したので、明日はきっと解禁並みの絶好調になりますよ。
解禁日に釣れたポイントがねらい目です。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-05-21 10:45 | フィッシング | Comments(0)

アカムツが桜エビを食べていた。

f0175450_10305597.jpg
f0175450_10311290.jpg

昨日釣ったアカムツを干物にすべく開いておりました。
釣り師の性、必ず胃袋の中を確かめます。
するとなんと、一番大きなアカムツの口と胃袋からサクラエビが出てきました。
今駿河湾はサクラエビの漁期。アカムツが桜エビを食っていて何の不思議もありません。
しかし今まで気が付きませんでした。
ということは、オキアミこませの鯛仕掛けでもアカムツが釣れるかもしれませんね。
日本海のアカムツ(ノドグロ)はきっとシロエビを食っているんでしょうね・・・・。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-05-21 10:37 | グルメ | Comments(0)

アカムツは裏切らない、H26

f0175450_675567.jpg

5月19日、6時出船、メンバーは古谷君。
三保沖はカモメがいっぱいいましたが、なかなか鳥山ができないのでスルーして権現ポイントへ。
ちょっと流れは早いが、なぎもよく釣れそうな雰囲気。
第1投から明確な魚信。400gの小ぶりながらアカムツゲット。
その直後、古谷君も巻いている。しかも引きが強い。
私はアカムツだと確信し玉網をかまえる。ダブルだ、と一匹が水面でばれた。
すかさず掬って事無きを得た。古谷君のこの笑顔、ホテルの予約システムがダウンし、復旧するまで釣りを断っていたご褒美だろう。
f0175450_6172788.jpg

その後、潮が止まり釣り辛い時間が続いたが、私はぽつぽつアカムツが釣れた。
古谷君外道に悩まされたが最後に1匹ゲットし満足の釣りとなった。
やっとアカムツもシーズンインか?
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-05-20 06:21 | フィッシング | Comments(0)

興津川アユ解禁直前情報!!

f0175450_15542253.jpg

平成26年、5月18日、解禁を20日に控えた興津川を下見してきました。
正直なところ中・上流部はよくないような気がします。
数名のおとり屋さんに聞いたところ、口をそろえ、天然遡上は上がったが、放流アユが下流に下ってしまった。
中・上流部、石は磨いてありますが、黒光りしていない。見えるアユは10cmくらい、しかも追いの行動が見られない。
茂野島の上流まで見てきましたがワクワク感がない。
試し釣りが悪かったのがわかる。
興津川の主、○○茶屋のHさんの意見はちょっと違った。
中上流部のアユは放流モノ、石の脇を泳いでいるのでなかなか見えないがアユはいる。
しかしまだ育っていないので解禁は難しい。 私もそのとうりだと思う。
暗澹たる気持ちで下流部興津生コン前に来た。本年よりコロガシの解禁が7月1日にずれ、こんな下流部でも友釣りができる。
なんと石が黒光している。ワクワクしてきた、ここなら釣れる。
アユが平を打っている。型も17~18cmに見える。
今年の興津川とりあえず下流部で勝負してください。
中・上流部は7月に入ってからでいいですよ。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-05-18 16:19 | フィッシング | Comments(0)

ムギイカ空振り!!

あまりの貧果に写真もありません。
17時30分出船。メンバー伏見君。
駿河湾中央部で大きな流藻に附く鳥山発見。
さっそくナブラ打ち、残念ながらノーバイト。
正体わからず。今度はじっくり攻めてみよう。
沼津沖にアンカーリング、しかし活性悪く22時過ぎまでやって4杯。
諦め土肥沖へ。
土肥沖は遊漁船のブログでは入れ乗り早上がりとあるが、
ほんの数百m離れた愛鷹丸には気配もなく2時撤収。
伏見君前回の絶好調から一転して0匹。外道でヨリトフグ。
私は4杯のまま。
大型遊漁船の明るい光にイカが寄ってしまいおすそ分けはなかったようだ。
またいい日もあるさ・・・・。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-05-13 06:45 | フィッシング | Comments(0)

波荒く、アカムツ不漁!!

f0175450_984388.jpg

5/6、やっと連休も最終日、暇ができたのでアカムツ狙いで6時出船。
古谷君ホテルのサーバーがダウンし、責任者として残ればならず残念ながらお留守番。
伏見君久々の釣り。
清水港内はべたなぎ、もうタチも居なくなったようであんなにいたタチ釣り船もほとんど居ない。
ひたすら権現ポイントへ、向かい波で走りつらい。今日も鳥山が出ている。
ポイントに到着したが、波高く釣りつらい。どんどん風が強くなる。
流しずらく、なかなか目指すピンポイントに入らない。
深場に入ってしまい、最初の二投は二人ともオキギスばかり。
三投目、当りわからず回収した仕掛けに小さな奴がついていた。
五投目、明確な当りがやっとあり小さいながらもう一匹。
その後は船が揺れるばかりでカサゴもたまに当たるだけ。伏見君アカムツ、ノーフィッシュ。
揺れがひどいのと周りに鳥山がたつので11時早上がり、鳥山打ちをしながら帰るもノーフィッシュ。疲れました。
[PR]

by tsunesan1950 | 2014-05-07 09:27 | フィッシング | Comments(0)

海の汚れ解消か?

今年に入って、海が汚れているのが釣り人の間で話題になっていた。
相模湾から駿河湾沖は汚れがPEラインに絡みつき、トップガイドが法多山団子の玉くらいに膨らむともう糸が巻けなくなってしまう。
アカムツ釣りなど、50m巻くごとにガイドとラインの掃除をしなければならなかった。
汚れといわれるものの正体はある種の植物性プランクトンの異常発生だ。
水面から150mくらいまでびっしり魚探に映るほどだった。
桜エビの近年にない不漁もこの汚れのせいだとか。
この汚れもだいぶ減ってきた、アカムツ釣りをしていて、何とか一投巻き上げられるようになった。
しかし二投目にはラインについた汚れを取らなくては釣りにならない。
水温が上がればこの汚れも解消するだろう。
海の色がまだらで黒い色のところが出てきた。
久能沖から三保沖久しぶりに見る大きな鳥山がいくつも出ていた。
次回はキャスティングのタックルを持って行こう。
f0175450_563571.jpg

[PR]

by tsunesan1950 | 2014-05-03 05:09 | 海洋環境 | Comments(0)