恒さんの釣れ釣れ日記


大澤恒幸のフィッシング・グルメ
by tsunesan1950
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
最新のコメント
少しくらい生き残ってもい..
by 琵琶湖ボーイ at 23:26
以前は大変お世話になりま..
by 古谷の息子 at 00:02
ご結婚40周年おめでとう..
by Tです at 21:46
ノーフィッシュですか....
by ふるや at 07:32
おはようございます。 ..
by ふるや at 07:18
おはようございます。 ..
by ふるや at 06:32
恒さん いつもブロ..
by 古谷息子 at 17:03
恒幸お兄ちゃん お久しぶ..
by 仲野真代 at 11:08
先日はありがとうございま..
by 古町増田 at 21:54
今日ブログ見てビックリし..
by zi-zi at 20:31
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧


三保沖ペンペンシイラ入れ食い!!

本日は未明のタチ釣り、朝の仕事に戻り、改めて沖へ出てカツヲシイラ狙いとダブルヘッダーの予定でした。
ところが、夜中0時に目が覚めると雨。それもかなり強く。
天気予報で雨雲の動きを見ると3時頃まで降りそうなので諦め、8時出船とした。
本日夕食の献立は刺身です。何とかカツヲ最悪でもシイラ・サバを釣らなくてはなりません。
清水港を出て2分もしないうちにトリヤマ発見。
久しぶりに見るイワシダンゴ。鳥も泳ぎながらイワシをついばんでいる。
f0175450_1951382.jpg
f0175450_19515349.jpg

ダンゴの下にはペンペンシイラがうじゃうじゃ。
イワシダンゴが鳥を嫌って船に寄ってきます。ペンペンの入れ食い。刺身用なので丁寧にえらを切り、鯖折りにするので、船内は血が飛び散り真っ赤。15mまでジグを落とすとイナダが来る。
古谷君と二人でペンペンを20、イナダを5本ほど釣って本日の仕入れは終了。後は潮目を探しクルージング。カツヲ見当たらず12時30分帰港。
本日ホテルで夕食をオーダーしたお客様は新鮮な刺身に舌鼓。
明日も釣りに行ってこいとのかけ声が上がっていた。
f0175450_2054094.jpg

[PR]

by tsunesan1950 | 2013-08-27 20:08 | フィッシング | Comments(0)

JFTアユフレシュトーナメント南関東支部大会

本業ホテル業、やっと夏の繁忙期を乗り切りました。
8月25日はJFTアユ南関東支部フレシュトーナメント大会が興津川上流部で開催されました。
私もちょっと激励に行ってきました。
アユトーナメント出場権を獲得したのは以下の3名
f0175450_13575550.jpg

平野利政、深谷誠、大村政則の3選手。
来年度トーナメントでの活躍をお祈りしております。
[PR]

by tsunesan1950 | 2013-08-26 14:00 | フィッシング | Comments(0)

サバは何処へ行ったやら。アカムツも苦戦。

f0175450_19203517.jpg

本日5時30分出船。メンバーは古谷君。
狙いは一応アカムツですが、ナブラが出ればすぐ対応できる様に支度してあります。
ところが、アカムツポイントまで海が全く静かで、カモメもほとんどいません。
あんなにうるさいほどいたサバは何処に行ったのでしょう。
今日の夕食の献立、カルパッチョと書いてきました。サバ、シイラなど釣れるとうれしいのですが、
いません。 潮目漂流物がありません。密かにカツヲがいたらと思っていましたが、気配もありません。
カモメもベイトがいないためか、釣り餌の余りをねだりに来ます。
アカムツポイント二枚潮か道糸が斜めにかっとんでいます。
そんな悪条件の中、古谷君小型アカムツをゲットの後、私にも待望のアカムツの当たりが、
慎重に巻き上げ、姿が見えてきました、良型です、古谷君に玉網を要請、
水面まで50cmのところでアカムツがハリから外れた、アカムツは船の下へ入ってしまった。
万事休止!!あきらめたところ、船尾から出てきたアカムツを古谷君がすくってくれた!!
神様仏様古谷様!!古谷君の背中に後光が差していた。
アカムツは水面付近でばれると10秒ほどで潜ってしまう。普段古谷君にタモ入れを厳しく訓練してきたのが初めて実った。頼もしく成長してきた・・・。
しかし食い渋くその後、アカムツ、カサゴ、トゴットメバル、ドンコの4連釣があった程度。
f0175450_19215620.jpg

終了間際シイラが姿を見せたが、釣れなかった。
[PR]

by tsunesan1950 | 2013-08-19 19:23 | フィッシング | Comments(0)

日の出ふ頭解放釣りフェスタ3

f0175450_1841777.jpg
釣りフェスタの写真を続けます。
f0175450_18365086.jpg
f0175450_18372275.jpg
f0175450_18382393.jpg
f0175450_18385366.jpg
f0175450_18391283.jpg

[PR]

by tsunesan1950 | 2013-08-19 18:41 | フィッシング | Comments(0)

清水港日の出埠頭解放「釣りフェスタ」2

釣りフェスタで釣りを楽しんだ人たちのスナップです。
f0175450_18284512.jpg
f0175450_18291564.jpg

f0175450_18294862.jpg
f0175450_18301250.jpg
f0175450_18303058.jpg

TVの取材も2局来ました。昼のニュースを見て大会終了後、3時までの解放と聞いて午後2時にあと1時間と釣りを来た人もいました。
[PR]

by tsunesan1950 | 2013-08-19 18:34 | フィッシング | Comments(0)

清水港日の出埠頭解放「釣りフェスタ」

8月18日は日の出埠頭解放「釣りフェスタ」、今回は釣り大会でした。
ファミリーが優勝を目指し暑い中がんばって釣りを楽しみました。
写真は上位入賞者と日釣り振県支部長・石黒衆さん、駿河湾海を守る会会長望月よしお代議士。
f0175450_18103368.jpg

私は例によって釣った魚は美味しく食べよう、「お魚料理教室」の担当です。
f0175450_18152874.jpg

海上保安庁清水海上保安部の安全教室も開催されました。
f0175450_18155729.jpg

上位入賞者は以上の方々。
1位、中村友紀ファミリー(駿河区) 3匹合計2・43kg 45cmのマダイも釣り上げ大物賞も獲得
2位、相良光一郎ファミリー 3匹合計2・00kg
3位、今川雅晴ファミリー 3匹合計1・99kg
[PR]

by tsunesan1950 | 2013-08-19 18:25 | フィッシング | Comments(0)

南高沖波高し、檄シブのタチ釣り。

f0175450_937038.jpg

8/16、17:30出船。メンバーは東京の弟俊充、甥一貴、そしておなじみ伏見君。
弟親子が今晩しか時間がないとのことで急遽出船。
しかし沖は2mの波、夜2mの波はちょっとしんどい、南高沖をあきらめようかと思っていると
シンセイ丸が波をかき分け南高沖を目指している。これなら安心してついて行けばよい。
アンカーリングして何とか釣りになりそう。釣船もだんだん増えてきて7杯ほどに。
私がエサ釣りの準備をしている内に、俊充さんはもうヒット。リーダーを切られジグ1個目ロス。
仕掛けを作り直した俊充さんまたすぐヒット、重い、大きいと言いながら上げてきたタチは5本指1kg。
さい先良し、私の電動ずる巻き釣法に当たり、上がってきたのはやや小ぶりながら5本指800g。
ところがこれから後が続かない。
ジグ組はアジを釣ったりしている。私の竿にはペンペンシイラが・・・。
ジグ組は次々ジグをロスする。エサ釣り組は食い込まないタチに悪戦苦闘。潮はかっ飛んでいる。
エサをサバからキビナゴ大に替えると当たりは明確になったが、ハリの下までしか喰ってこない
豆アジにチェンジしやっとタチの口にハリが掛かるように。しかし間遠い。
タチは居るのに典型的な喰い渋り。22:30東京組二人がダウンしているので納竿。
結果伏見君3本指4本とアジ2,私5本指~2本指3本。カニ1杯すくう。
俊充さん5本指~2本半3本、一貴、アジ2タチ3本指1。と貧果に終わったが楽しい釣りであった。
きっと明け方には入れ食いがあるのだろう。
[PR]

by tsunesan1950 | 2013-08-17 09:39 | フィッシング | Comments(0)

ソーダ・ソーダ・ソーダ・・・・サバフグ、最後にペンペン。

本日は繁忙期合間の中休み。伏見君の友人Nさんご一行のチャーター。8時20分出船。
お客様4名にスタッフ3名と豪華版。スタッフが多いのはヤングレディーが2名居るからです。
おじさんたちが張り切っておりました。
まずはシイラ、サバ、運が良ければカツヲ狙いでナブラを探しに沖へ。
ところがトリヤマも潮目も見つかりません。
そこでサバがよく釣れると言うことで興津沖でアンカーリング、コマセとジグサビキに切り替えた。
しばらくするとマルソーダの入れ食いに。お客さんたちはソーダの引きを堪能満足げ。
f0175450_192458100.jpg
f0175450_19252351.jpg

ソーダしか釣れないのでパラシュートアンカーを入れ流し釣り。
f0175450_1929875.jpg

底まで落としてジグサビキで誘っていた古谷君ヒット。上がってきたのはサバフグ3連。
やっと食べられる魚が釣れた。私と古谷君しばらくサバフグと遊ぶ。
最後に何とかペンペンシイラを釣り上げ〆とした。
f0175450_19304456.jpg

[PR]

by tsunesan1950 | 2013-08-14 19:32 | フィッシング | Comments(0)

そらまめキッズ体験釣り教室8/9

朝9時より実釣となった、ちょうど満潮から下げ潮に入ったところで食いは活発。
第一投からシロギスダブルで釣れるなど子供たちの歓声に湧いた。
f0175450_9153712.jpg

f0175450_915589.jpg

本日最大魚24cmのシロギス。
f0175450_9162412.jpg
f0175450_917477.jpg
f0175450_918738.jpg
f0175450_9183571.jpg

[PR]

by tsunesan1950 | 2013-08-11 09:22 | フィッシング | Comments(0)

そらまめキッズ体験釣り教室8/8

f0175450_9103063.jpg
f0175450_911257.jpg

8月8~9日はそらまめキッズの釣り教室。
まずはベイホテル入船館でライフャッケットと弁当を積み込み三保海岸で海水浴。
海水浴も最近ではライフジャケット着用なんですね・・・・。
海水浴の後、すきすきフィッシングを使っって魚釣りの話を1時間。
その後、明日の実釣に備えキャスティングの練習をしました。
こどもたちは釣りの経験のある子が多く、明日が楽しみ。
[PR]

by tsunesan1950 | 2013-08-11 09:11 | 海洋環境 | Comments(0)