恒さんの釣れ釣れ日記


大澤恒幸のフィッシング・グルメ
by tsunesan1950
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
最新のコメント
少しくらい生き残ってもい..
by 琵琶湖ボーイ at 23:26
以前は大変お世話になりま..
by 古谷の息子 at 00:02
ご結婚40周年おめでとう..
by Tです at 21:46
ノーフィッシュですか....
by ふるや at 07:32
おはようございます。 ..
by ふるや at 07:18
おはようございます。 ..
by ふるや at 06:32
恒さん いつもブロ..
by 古谷息子 at 17:03
恒幸お兄ちゃん お久しぶ..
by 仲野真代 at 11:08
先日はありがとうございま..
by 古町増田 at 21:54
今日ブログ見てビックリし..
by zi-zi at 20:31
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


JFTチヌフレッシュトーナメント関東支部大会結果

本日JFTチヌフレシュトーナメント関東支部大会が開催されました。
f0175450_19505783.jpg

f0175450_19514157.jpg

瀬川晃、広瀬智一、荒川秋人の3選手が今秋のチヌトーナメントの出場権を獲得しました。
私は決勝戦瀬川vs荒井の対戦を観戦しました。
瀬川選手新人とは思えない見事な竿裁き将来性を感じました。
しかしまだ試合慣れして居らず早合わせで素バリをよく引いておりました。
まだ合わせの間が出来ていません。これは試合経験を積めば解消するでしょう。
又場所交代5分前に団子を打ったのは大失敗。
前半7:0、終わってみれば11:7と追い上げられ辛くも逃げ切りました。
私は前半終了時、もう勝負あったと思い会場を離れてしまい結果を聞いて驚きました。
荒井選手が前半2~3匹釣っていれば勝負はもっと白熱したでしょう。
荒井選手に足りなかったのはずうずしさでした。もっと瀬川選手のエリア近くにエサを流せばきっと2~3枚は取れたでしょう。
面白い大会でした。
[PR]

by tsunesan1950 | 2012-06-29 20:09 | フィッシング | Comments(0)

長良川で2年ぶりの友釣り

6月24日、12時長良川美濃 服部屋に到着。
服部英夫さんは相変わらずベッドから客の応対をしておりましたが、
だいぶ回復されたご様子。一安心。
服部さんのすすめで郡上漁協の年券を購入。日券5000円、年券10,000円と日券が高いのは漁師優先の証だ。
なんとおとりが4匹1000円。4匹のおとりを持って吉田川合流点下の深瀬に入った。
水況は絶好調に見えたが誰も竿が立たない。
30分から1時間に1本の超スローペース。しかしアユは20cmクラスと6月にしては良型。
13時30分から15時30分までやってやっと3匹。
2年ぶりのアユ釣りはまあ型を見たので良しとする。
f0175450_1281047.jpg

25日午前中は鈴木先生、台湾からのお客さんルーさん、流友会会長小西さんと吉田川に入った。
師匠の名を賭け小西さんと勝負。
ここも水温が低くアユの姿が見えない。
小西さん4匹、私3匹と惨敗。 寒かった。
案内していただいた北師会会長桑原さんのアユ小屋でお昼をごちそうになった。
桑原夫人の温かいもてなしに感謝。
[PR]

by tsunesan1950 | 2012-06-27 12:15 | フィッシング | Comments(0)

JFTアユトーナメント結果

6月い26日、アユトーナメント2日目の結果をお知らせする。
決勝戦は長谷川勇太:矢田彰の2名で行われた。
試合場は大会本部郡上市大和町市庁舎前で行われた。
水況は絶好だが、数日来の梅雨冷えで水温が上がらず選手は追いの渋いアユに苦戦していたが、
決勝戦開始12時30分頃には水温も上がり、両選手出足はスローペースだったが、アユの付き場が判ってからは後半ピッチを上げ手に汗握るデッドヒートとなった。
f0175450_23123134.jpg
f0175450_23124395.jpg

結果激戦を制したのは昨年準優勝と悔し涙を流した矢田彰選手。
若手の星長谷川勇太選手はノンプロ野球出身の強い足腰で安定した釣りをしていたが、経験不足からアユのいないところで見切りが付かず一歩後れを取った。
f0175450_23171698.jpg

3位決定戦はベテラン森松和男が高知の金目鯛漁師鈴木光高を3匹差で下し表彰台に滑り込んだ。
郡上漁協奥村組合長によると解禁2週間経った長良川は追い気のある鮎が釣られてしまい、
アユはいるのに追わず、加えて低水温、選手の技量をしても1試合2桁釣るのはなかなか難しかった。
しかし一番登りの天然アユがすでに24cmにも成長している。
盛夏になれば大型アユが釣り人に挑んでくるところだろう。
今年の長良川はきっと面白い。
[PR]

by tsunesan1950 | 2012-06-26 23:28 | フィッシング | Comments(0)

JFT全日本アユトーナメント第1日結果

6月25日アユトーナメント第1日目結果をお知らせします。
全国から予選シードで選抜された64名が16ブロックに分かれ予選リーグを3試合行い。
各ブロック1位選手16名が決定。この16名には来年のトーナメントシード権が与えられる。
この16名によってトーナメント戦が行われる。
25日は引き続きトーナメント1回戦が行われた。
f0175450_22361882.jpg

リーグ戦の結果です細かすぎて読めないかもしれませんがマークしてある選手がリーグ戦勝者です。
そしてトーナメント1回戦結果が次の表です。
f0175450_22395120.jpg

山田vs鈴木戦は10:10引き分け抽選で鈴木。
川本vs福井戦は5:5引き分け抽選で川本が勝ち上がった。
第1日目特筆すべきは若手の台頭、長谷川親子・梶原親子の親子出場が2組あり、
いずれもジュニアー長谷川裕太、梶原悠が勝ち残った。
[PR]

by tsunesan1950 | 2012-06-26 22:50 | フィッシング | Comments(0)

残念!!7月1日の日の出埠頭解放釣りフェスタ中止

7月1日予定「日の出埠頭解放釣りフェスタ」
埠頭に停泊中の船が7月20日まで動かないため中止となりました。
楽しみにしていた釣り人の皆さんごめんなさい。
[PR]

by tsunesan1950 | 2012-06-22 15:44 | フィッシング | Comments(0)

上壱分方小学校 環境体験釣り教室

6/21,本年度第1回目の環境体験釣り教室。
八王子市の上壱分方小学校5年生89名。
会場の三保内海海岸は台風の置き土産ゴミが一杯漂着していました。
しかし数年前に比べると、プラスチックやペットボトルなど生活ゴミは減っています。
生徒達は初めて触るアオイソメにキャーキャー。
でもみんながんばってイソメをハリに付けようと奮闘しておりました。
釣果は台風の影響が残っていて芳しくありませんでしたが、
雨にもめげず釣りを楽しみました。
f0175450_15364071.jpg
f0175450_15365564.jpg
f0175450_15371157.jpg
f0175450_15372752.jpg

[PR]

by tsunesan1950 | 2012-06-22 15:38 | 海洋環境 | Comments(0)

ムギイカ・・・そしてサバダサバダサバデュビアー・・・。

ムギイカは相変わらずスクーリングしていますがなかなか釣れません。
30分に1本ペース。
時々コチンと当たるのは白髪タチのようです。
水中ライトの横でホバーリングしているのが見えます。
時々イワシの鱗がきらきら光りながら流れて行きます。タチは多そうです。
伏見君は例によってムギイカ釣りをあきらめサバ狙いでエサ釣り。
白髪タチ2本釣った後サバの入れ食いを楽しんでいます。
古谷君ムギイカをやっと1杯釣ってイカをあきらめ、サビキでさば狙い、こちらも入れ食い。
私は22時半頃7杯目を釣って当たりが無くなりました。
今日全員の釣果はムギイカ8杯、サバクーラー満タン。白髪タチ数本、シイラ2杯、モジャコ少々。
ムギイカよりもタチとサバが多すぎる。
f0175450_951736.jpg
f0175450_954043.jpg

[PR]

by tsunesan1950 | 2012-06-19 09:05 | フィッシング | Comments(0)

台風襲来前にムギイカ釣り!!

駿河湾海を守る会総会も無事終了し、ほっと一息と言うことでムギイカ釣りに行くことにしました。
メンバーは伏見君、古谷君。
6月18日、17時40分出船。嵐の前の静けさとはこのことか駿河湾はべた凪。
湾中央部付近で大きな潮目発見。ホンダワラや流木、ゴミが帯になって伸びております。
早速古谷君ジグをキャスト、すぐヒット。上がってきたのは25cmほどのモジャコ(ブリの子供)。
入れ食いですがちょと小さい。イナダクラスも一本釣れました。
ポイントを変えると、いました本命シイラ。古谷君80cmほどの中型をフッキングしましたが、タチ用のハリが伸びてしまいました。
その後ペンペンを2杯ゲットし、後ろ髪を引かれる思いでムギイカポイントへ。
沼津沖にはムギイカ狙いの船がいません。かろうじて大瀬崎灯台前に1杯。
土肥沖に3杯ほどか?今年のムギイカはこのまま終わってしまうのか・・・・。
大瀬沖100m棚にアンカーリング。
集魚灯を点けるとムギイカがスクーリングしています。
今年4回目の出漁で一番の好条件か?
早速第一投、35m付近で早速魚信。巻き上げ途中でひったくるような当たり。
スッテには足しか付いていませんでした。
でも第一投でのヒットは今年度初どころかここ数年経験がありません。
私は思わず「今日は100釣るぞー」と叫んでしまった。
続く・・・。
[PR]

by tsunesan1950 | 2012-06-19 08:49 | フィッシング | Comments(0)

駿河湾海を守る会総会

6月17日、駿河湾海を守る会総会が開催された。
準備のためここ1週間ほどは釣りに行けませんでした。
活動報告で東日本大震災の影響で、環境体験釣り教室が大幅に減ったことと、
日の出埠頭解放釣りフェスタが3回開催されたことが穂婦濃くされた。
又、事業計画で日の出埠頭釣り場解放釣りフェスタが今年度9回開催される予定と報告された。
総会は望月会長挨拶
f0175450_8375715.jpg

深沢洋一県議、栗田裕之市議、大村一夫市議など来賓挨拶の後議事が進行し、活動報告、収支報告、
活動計画が承認された。総会後の懇親会は和気藹々と進み、海を愛する者の楽しい一時となった。
f0175450_8425960.jpg
f0175450_8434379.jpg

[PR]

by tsunesan1950 | 2012-06-18 08:44 | 海洋環境 | Comments(0)

トウジン(ゲホウ)の味

6月8日、5時15分いつもより早めの出船。
条件が良ければ石花海までと思っていました。
ところが先日の台風接近に備え、入れてあったアンカーに他船のアンカーが引っかかり外れません。
古谷君と二人でようやくアンカーを何とか水面まで持ち上げ外しました。
もう6時15分でした、石花海はあきらめ、アカムツとサバ狙いに変更。
ところがいつものポイントは潮の流れが止まっていて釣れるのは沖ギス、ドンコ、ユメカサゴなど外道ばかり。
沖ギスは7本ほど釣りました。
と古谷君に、久々明確な当たり、ヤッターきっとアカムツだと喜んでいたら上がってきたのはトウジン。
頭ばかりでかいグロテスクな魚。
10時過ぎ潮が動き出したら、二枚潮。
苦戦する中古谷君はアカムツゲット、私はユメカサゴとサバ2本のうれしくないパーフェクト。
結局こんな物しか釣れませんでした。サバすでに〆サバにしています。
オキギスは忌々しいので1本しか撮しません。
f0175450_1711777.jpg

ゲホウは三枚に下ろすと美味しそうな白身で、ヒラメより濃厚な味です。
ソギ身にして七〇枚ほど取れました。三枚づつ夕食のお客様にカルパッチョでお出ししました。
[PR]

by tsunesan1950 | 2012-06-10 17:14 | フィッシング | Comments(0)